Google AdSenseの銀行口座確認作業、テストデポジットの会計処理、住所確認のトラブル

Google AdSenseの収益を受け取る銀行口座の設定は、画面に手続きをとるよう指示が表示されてから始めます。

金融機関コードや支店コードはしっかり確認して入力します。

銀行口座の名義人を半角カタカナで入力するように指示されている点に注意が必要です。

銀行口座入力が終わると、数日後に100円未満のテストデポジットが振り込まれます。金額は人によって違うようです。

振込を確認したら、支払の管理画面から、確認作業を行います(ちなみに、私はこの確認作業が必要なことに、何日も気づいていませんでした。)。その際、入金された金額を入力するよう指示されます。

金額が正しければ、その口座が利用可能になったと表示されます。

デポジットの会計処理は?

青色申告の65万円控除を目指して複式簿記の帳簿を付けている人や法人としてアフィリエイトをしている人は、このテストデポジットがいずれ返済する必要があるのなら、借方は普通預金、貸方は流動負債の預かり金として処理するべきなのだろうか、と思いますよね。

アドセンスのヘルプフォーラムを見る限り、このデポジットは通常の収益とは別に支払われるそうです。しかし、返金の必要がなく、通常の収益から差し引かれることもない、企業であれば雑収入として処理すればよいのでは、という記述がありました。また、一度退会したことのある人が、退会時に特に返金請求はなかった、と述べておられました。

Googleから正式な説明が何一つないという不親切ぶりには驚きますが、取りあえず信用して、借方は普通預金、貸方は雑収入として処理しておきましょう。

住所確認のトラブル

ところで、収益額が1,000円に達したら、住所確認のPINが海外から郵送されてきます。画面に発送した日付が表示され、普通はそれから2~4週間で到着することが多いそうです。ということは、エアメールではなく船便なのでしょう。

発送国は、到着した人のネットの書き込みを見る限り、少なくとも数年前はアメリカからの人もいましたが、最近はアジアの国(フィリピンとか)の場合もあるようです。

しかし、私の場合、1カ月以上経過しても届きませんでした。住所は正しく入力されていたのに。日本に着く前に陸路あるいは海上で輸送中に紛失されたのか、別の国や日本の違う地方行きの船に間違えて紛れ込んでしまったのか、あるいは日本に到着してから誤配達されたのか、分かりません。

銀行振込は日本法人のグーグル合同会社が行っていただけに、住所確認のPINも日本から発送してもらえていたら、こういう問題は少ないだろうに、と残念に思います。

アドセンスのヘルプ・フォーラムを見ると、同じようにPINが届かなくて不安に思っている人の投書が結構あります。中には到着まで2カ月くらいかかったという人もいるので、気長に待つしかないのでしょう。

4週間経っても届かなければ、再発送のリクエストができるとのことなので、もちろん私もリクエストしました。この時、最初の住所登録の時は算用数字(1,2,3)を用いていたのを、漢数字表記(一、二、三)に変えました。こうすると、届いた場合、何回目に発送された分なのか分かりますので。

この再発送リクエストは2回できるそうです。それでも届かなければ、最初のPIN発送から4カ月後に広告配信がストップするそうです。

その後は画面に別の方法での住所確認のやり方(おそらく身分証明書を用いたもの)の指示が来るそうです。そうなる前にPINが無事に届くことを祈るのみです。

[追記]
ようやく待ちに待ったPINが届きました。住所の数字が算用数字表記だった最初のPINでした。PINが発送されてから、8週間でようやく無事に届きました。発送した国はマレーシアでした。船便で紛失されなくてよかったです。画面では都道府県名が表示されませんでしたが、郵便物にはちゃんと印刷されていました。

その後、再発送リクエストしたもの、つまり2つ目のPIN郵便物は、リクエストから7週間後に届きました。やはりマレーシアから発送されていました。

それにしても、いくらアジア途上国からの船便が安いからといって、なかなか届かないというトラブルが多いのは困りものです。ケチらずに日本国内からの発送にすればいいのに。






楽天市場: パソコン・周辺機器ランキング
楽天市場: スマートフォン・タブレット ランキング
楽天市場: 家電ランキング