世界最大ドローンメーカーDJIが一般空撮向け最新モデル「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」を発売

2018年8月21日付「日本経済新聞」夕刊に、動画撮影、農作業などのドローン操縦者の需要が高まる中、ドローンの操縦方法を学べる教室を設置する自動車学校が相次いでいる、という記事が出ていました。

その記事によると、現在ドローンは主に空撮や点検などの用途で利用されているとのことです。当然、ドローンの空撮の技術も進んでいます。

8月24日には、世界最大のドローンメーカーのDJI社より、「Mavic 2 Pro」および「Mavic 2 Zoom」という新型ドローン2機種が発表されました。DJI製品正規販売代理店のDJI認定ストア大阪では8月29日に入荷します。

Mavic 2 Pro」― Hasselbladカメラが搭載された超高画質撮影が可能です。
8.jpg

©DJI認定ストア大阪

 →詳細はこちら

Mavic 2 Zoom」― 光学2倍ズームレンズを搭載し最大4倍までズーム可能です。
5.jpg

©DJI認定ストア大阪

 →詳細はこちら


先代のMavicはDJIドローン史上、最も売れたドローンの機種でした。Mavic 2の一般向けドローンの最新フラッグシップモデルということで、今回の「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」は注目の機種です。

ちなみに、DJI認定ストア大阪では修理・メンテナンス業務も行っています。


なお、楽天市場でも取り扱っているストアがあります。

楽天市場: Mavic 2 Pro ラインナップ
楽天市場: Mavic 2 Zoom ラインナップ